筑波大学 システム情報工学研究科 近未来計画学研究室(谷口 守 研究室)では、将来的に発生する問題を中心に、都市計画の研究を行っています。

メンバー紹介


小松﨑諒子

小松﨑 諒子 Komatsuzaki Ryoko

筑波大学大学院理工情報生命学術院システム情報研究群
社会工学学位プログラム

E-MAIL E-MAIL : s2020415#s.tsukuba.ac.jp(#を@に)


審査付論文・著書
  1. 岡野圭吾・小松﨑諒子・片山茜・谷口守:人口減少都市における拠点での施設立地の実態-都市機能誘導区域のあり方を考える-,都市計画論文集,Vol.54,No.3,pp.508-515,2019. [pdf]

簡易審査・アブストラクト審査
  1. 小松﨑諒子・武田陸・谷口守:自動運転化による車内活動の変容とその要因分析,第40回交通工学研究発表会論文集, pp.573-578, 2020. [pdf]
  2. 滝澤善史・小松﨑諒子・谷口守:駐車場の地区別利用実態に関する一考察-自動運転社会を見据えて-,第40回交通工学研究発表会論文集, pp.561-566, 2020. [pdf]

口頭発表・研究発表
  1. 張雅婷・小松﨑諒子・谷口守:中国の高速鉄道駅が周辺の都市空間変容へ与える影響 ー整備手法の特徴を中心としてー,土木計画学研究・講演集,Vol.59,2019. [pdf]
  2. 東達志・御手洗陽・小松﨑諒子・谷口守:都市機能充足のための機能搭載型自動運転車(ADVUS)の導入可能性-人口変化に対する柔軟な対応策として-,都市計画報告集,No.18, p.228-233, 2019. [pdf]
  3. 小松﨑諒子・御手洗陽・谷口守:自動運転化でドライバーは何をするのか -その意向と要因の構造-, 土木計画学研究・講演集, Vol.61, 2020. [pdf]
  4. 御手洗陽・小松﨑諒子・谷口守:個人のライフスタイルに基づく機能搭載型自動運転車(ADVUS)の利用意向, 土木計画学研究・講演集, Vol.61, 2020. [pdf]

卒論タイトル
自動運転がもたらす車内活動変容の可能性 ―移動時の時間価値に着目して―
  (2019年度理工学群長表彰)
  (2019年度倉谷賞)
  (2019年度都市計画同窓会賞優秀賞)

清水宏樹

清水 宏樹 Shimizu Hiroki

筑波大学大学院理工情報生命学術院システム情報研究群
社会工学学位プログラム

E-MAIL E-MAIL : s2020422#s.tsukuba.ac.jp(#を@に)


審査付論文・著書
  1. Wenzhu Cui, Akane Katayama, Hiroki Shimizu and Mamoru Taniguchi:Inhibitory Risks Affecting the Maintenance of Healthy Lifestyle Habits—A Study Based on Demographic Factors and Personality Traits ,International Journal of Environmental Research and Public Health,Vol.16 Issue 13,2019. [pdf]
  2. 清水宏樹・伊藤将希・岡野圭吾・谷口守:人口減少・少子高齢化に伴う都市問題進行のカスケード化-広域的視点に基づく批判的検討-, 都市計画論文集,Vol.55, No.3, 2020(印刷中).

口頭発表・研究発表
  1. 岡野圭吾・清水宏樹・谷口守:拠点への集約を見据えた都市の可逆性把握,土木計画学研究・講演集,Vol.59,2019. [pdf]
  2. 東達志・清水宏樹・高原勇・谷口守:都市特性からみるシェア型自動運転車の影響比較-国内外都市の車両走行距離の変化に着目して-,都市計画報告集,No.18, p.106-111, 2019. [pdf]
  3. 伊藤将希・清水宏樹・谷口守:路線バスに関するサブスクリプション型平準化運賃制度の提案 -自動運転化による感度分析の展開-, 土木計画学研究・講演集, Vol.61, 2020. [pdf]
  4. 清水宏樹・武田陸・奥村蒼・谷口守:老いる都市へのアーバンフレイル概念の適用 -都市問題進行過程からの示唆-, 土木計画学研究・講演集, Vol.61, 2020. [pdf]

卒論タイトル
人口減少・少子高齢化に伴う都市問題の経年的変遷
  (2019年度茗渓会賞)

古屋昂

古屋 昂 Furuya Ko

筑波大学大学院理工情報生命学術院システム情報研究群
社会工学学位プログラム

E-MAIL E-MAIL : s2020442#s.tsukuba.ac.jp(#を@に)


卒論タイトル
札幌市南区における住環境の実態と空き家の活用可能性に関する研究
 (於明治大学)

筑波大学 システム情報工学研究科 近未来計画学研究室(谷口 守 研究室)では、将来的に発生する問題を中心に、都市計画の研究を行っています。