筑波大学 システム情報工学研究科 近未来計画学研究室(谷口 守 研究室)では、将来的に発生する問題を中心に、都市計画の研究を行っています。

メンバー紹介


安藤慎悟

安藤 慎悟 Ando Shingo

筑波大学理工学群社会工学類

E-MAIL E-MAIL : s1711218#s.tsukuba.ac.jp(#を@に)


口頭発表・研究発表
  1. 管野貴文・安藤慎悟・谷口守:活動内容にみる訪問型関係人口の存立実態 -個人のライフスタイルに着目して-, 土木計画学研究・講演集, Vol.61, 2020. [pdf]

奥村蒼

奥村 蒼 Okumura Sou

筑波大学理工学群社会工学類

E-MAIL E-MAIL : s1711246#s.tsukuba.ac.jp(#を@に)

審査付論文・著書
  1. 高橋諒・奥村蒼・谷口守・藤井さやか:市町村に占める外国人人口に関する要因分析-外国人支援策に着目して-,都市計画論文集,Vol.55, No.3, 2020(印刷中).

口頭発表・研究発表
  1. 清水宏樹・武田陸・奥村蒼・谷口守:老いる都市へのアーバンフレイル概念の適用 -都市問題進行過程からの示唆-, 土木計画学研究・講演集, Vol.61, 2020. [pdf]
  2. 管野貴文・奥村蒼・谷口守:大都市圏発訪問型関係人口の目的地構成とその展開,都市計画報告集,pp.119-124,No.19,2020. [pdf]

武田陸

武田 陸 Takeda Riku

筑波大学理工学群社会工学類

E-MAIL E-MAIL : s1711291#s.tsukuba.ac.jp(#を@に)

審査付論文・著書
  1. 伊藤将希・武田陸・谷口守:広域連携を見据えた路線バス維持方策の提案-サブスクリプション型平準化運賃制度に着目して―,都市計画論文集,Vol.55, No.3, 2020(印刷中).

簡易審査・アブストラクト審査
  1. 小松﨑諒子・武田陸・谷口守:自動運転化による車内活動の変容とその要因分析,第40回交通工学研究発表会論文集, pp.573-578, 2020. [pdf]

口頭発表・研究発表
  1. 清水宏樹・武田陸・奥村蒼・谷口守:老いる都市へのアーバンフレイル概念の適用 -都市問題進行過程からの示唆-, 土木計画学研究・講演集, Vol.61, 2020. [pdf]

筑波大学 システム情報工学研究科 近未来計画学研究室(谷口 守 研究室)では、将来的に発生する問題を中心に、都市計画の研究を行っています。