RESEARCHES

研究関連

究概要

Society5.0を意識し、都市・地域・環境の課題を計量的アプローチを通して分析することで地域課題の解決に取り組みます。 研究テーマは、都市計画に関する全般を扱っており、学生の興味に即した研究ができます。

時代に即した研究テーマ

過去の卒論・修論テーマはこちら

近年の主なテーマ

  • モビリティ革命によるまちづくり
  • インフラ維持管理
  • 税競争
  • 多目的公共施設配置
  • 住民投票の意義
  • 都市景観の計量化と評価
  • 人口減少時代の広域連携
  • 持続可能な知能化(自動化)自治体制度

独創的な研究

既存の学問領域の理論や汎用的分析手法にとらわれることなく地域性や課題特性を踏まえ理論的手法を選択し (場合によっては開発し)、理論と実践を両輪とする学際研究を目指します。ドローンやYoutubeなど時代に即した 研究手法も積極的に取り入れています。 

北海道礼文島を撮影したドローン映像

ミ紹介

卒論・修論ゼミ

毎週火曜日と木曜日に卒論・修論ゼミを行っています。 論文生は必ず週1回の発表があるためサボり癖がある人でもグングン進みます。 ゼミでは、先生方や他の学生のアドバイスも頂きます。 コーヒーを飲みつつ、時には厳しく、時にはさらに厳しく、和気藹々とやっています。 都市に対する自らの探求心を持ってのぞむべし!

オンラインゼミ

今年度はコロナウイルス対策でzoomによるオンラインゼミを行っています。
現地に行かなくてもゼミに参加できるというオンラインゼミの特性を活かし、多数のOB・OGの先輩方にも参加いただいています。
また、OB・OGの先輩方を中心に社会人講師として定期的にご自身の仕事やキャリア等の経験談を中心に発表いただいています。
オンラインゼミの参加をご希望の方は以下の連絡先までご連絡ください。

連絡先

阿部くらん(渉外担当)
s1811198#s.tsukuba.ac.jp
(#を@に変えてください)

夏ゼミ合宿

年に1回、夏休みに夏ゼミ合宿を行っています。合宿では夏ゼミはもちろん、現地の中高生との 中高大連携事業、フィールド調査、現地の方との懇親会等広い活動を行い、とても充実しています。 近年は北海道の天塩町、利尻島を拠点にゼミ合宿を行っています。

ゼミ講演会

2020年度から、筑波大学社工OB・OGを中心に様々な方々にゼミにてご講演をいただいております。
※2020年度の所属につきましては講演当時のものとなっております。

2020.6.2(火) 浅沼 直樹様 日本経済新聞 つくば支局長兼
東京本社編集局科学技術部
2020.6.9(火) 淺見 佐和子様 国土交通省 都市局街路交通施設課主査
街路空間再構築・利活用担当
2020.6.11(木) 川口 明子様 公益財団法人日本交通公
観光経済研究部
2020.6.16(火) 椎名 愛実様 つくば市役所
政策イノベーション部持続可能都市戦略室
2020.6.23(火) 吉田 誠一様 鹿島アントラーズFC
地域連携チームマネージャー
2020.6.30(火) 武田 直樹様 NPOフュージョン社会力創造パートナーズ
2020.7.7(火) 平田 芳己様 清水建設 フロンティア開発室
ベンチャービジネス担当
2020.7.14(火) 太田 悠樹様 NHK函館放送局 映像取材
2020.7.21(火) 河内 隆史様 筑波大学未来社会工学開発研究センター(F-MIRAI)
2021.4.8(木) 岡田 忠夫様 しなの鉄道株式会社専務取締役
三菱地所株式会社 ソリューション営業二部
2021.4.15(木) 小西 弘樹様 株式会社ルリアン 取締役 経営戦略本部長
2021.4.22(木) 安田 純子様 PwCコンサルティング合同会社
2021.5.20(木) 関 恵子様 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会
公共経営・地域政策部
2021.5.27(木) 小林 邦隆様 日本緑化センター 緑化事業部 主任研究員
2021.6.3(木) 遠藤 雅彦様 日本貨物鉄道株式会社
取締役兼常務執行役員 安全統括本部長
2021.6.10(木) 笹林 徹様 トヨタ自動車株式会社
筑波大学未来社会工学開発研究センター(F-MIRAI)
2021.6.17(木) 前田 敬様 国土交通省 関東地方整備局
鹿島港湾・空港整備事務所 所長
2021.6.24(木) 木塚 久仁子様 土浦市立博物館 副館長
2021.7.1(木) 横山 大輔様 国土交通省 都市局 まちづくり推進課付
観光庁 参事官付 課長補佐
2021.7.8(木) 島袋 典子様 有限会社つくばインキュベーションラボ
2021.7.15(木) 齊藤 啓輔様 北海道余市町町長
2021.7.22(木) 古藤 浩様 東北芸術工科大学 基盤教育研究センター 教授
日本オペレーションズ・リサーチ学会東北支部長

会発表

貴重な実践の場

研究成果については広く公開するために、国際誌・国内誌での研究発表に加え、 現場での発表を心がけております。

参加学会例

OR(オペレーションズ・リサーチ)学会、都市計画学会、GIS学会、 応用地域学会、日本計画行政学会、ITSシンポジウム、UOR学会...etc

去の論文

令和2年度

修士論文 ウィズコロナ時代のキャンパスデザイン
-授業と教室との最適マッチングを中心に-
システム情報工学研究科
加古 捺巳
ドローン配送における上空利用料に関する基礎理論
システム情報工学研究科
下津 大輔
デジタル時代の医療施設配置
-民意と費用対効果との齟齬に着目して-
システム情報工学研究科
髙瀬 陸
バスプローブデータを用いた筑波山交通渋滞の分析
-MaaSが推進するマイクロツーリズム-
システム情報工学研究科
徳田 伊織
視線計測によるキャンパス・グリーンインフラの更新
システム情報工学研究科
西 美佳
電柱配置は筑波山への景観にどの程度配慮しているのか
システム情報工学研究科
鮑 星宇
住民サービス施設の到達圏からみる広域連携
-つくばみらい市を中心に-
システム情報工学研究科
堀越 卓
卒業論文 秘匿化誤差を考慮したモバイル空間統計による社会的距離の可視化
社会工学類
一井 直人
カシマ神社発掘プロジェクト
-マイクロツーリズムの推進とその効果分析-
社会工学類
大内 咲絵
コロナ禍におけるバス分散乗車の効果分析
-三密回避と定時性確保の両立-
社会工学類
川辺 怜

令和元年度

博士論文 Study on a New Concept of Flood Management beyond
-Watershed Scale-
システム情報工学研究科
馬 東来

システム情報工学研究科
セポン バクミナ
修士論文 減災・オフグリッドの視点での無電柱化の効果
-県南電柱位置データを用いて-
システム情報工学研究科
渡司 悠人
最優秀同窓会賞
専攻長表彰
モビリティ改善を見据えた医療アクセシビリティに関する計量分析
システム情報工学研究科
小又 暉広
専攻長表彰
ネットワークにおける2地点間平均距離の集計誤差
システム情報工学研究科
鐘 岱
なぜライドシェアは地方で失敗するのか
-ドライバー・同乗者の位置関係に基づく分析-
システム情報工学研究科
欧陽 君顔
MaaS時代のサッカースタジアムと地域活性化
システム情報工学研究科
中田 浩二
オープンデータによる 関係人口のターゲティング
システム情報工学研究科
榎本 崇宏
自治体公用車エネルギーの防災活用に関する理論実証研究
システム情報工学研究科
古矢 潤
卒業論文 モビリティイノベーションに伴う都市計画道路の再編に関する考察
社会工学類
幸坂 麻琴
公開空地を対象とした都市の連続緑化に関する研究
社会工学類
松本 一平

平成30年度

修士論文 デジタルデータを活用した学生参加型学内インフラ管理 システム情報工学研究科
竹中 太基
専攻長表彰
寺院を拠点とする地方再興
-Society5.0の時代を受けて-
システム情報工学研究科
四衢 深
交通インフラ維持管理の自治体負担に関する理論研究
-行動圏と行政圏との齟齬に着目して-
システム情報工学研究科
堀 龍一
専攻長表彰
道路環境に着目した速度規制の緩和・強化
-自動運転社会を見据えて-
システム情報工学研究科
野口 宇宙
キャッシュレスによる学内運行バスの効率化と安定化 システム情報工学研究科
宋 晨
卒業論文 変なところにある神社
-敷地と街区との相対的位置関係から-
社会工学類
加古 捺巳
Society5.0をトイレ空間で実現する
-シェアリングとIoT時代を踏まえて-
社会工学類
下津 大輔
都市空間における垂直移動の意義
-コンパクトシティ時代を迎えて-
社会工学類
西 美佳
茗渓賞受賞
ドローンを活用した学内自動車道路安全確保のための実験 社会工学類
徳田 伊織
鉄道両側地域間の連動
-立体交差と平面交差との比較-
社会工学類
内藤 朱里

平成29年度

博士論文 IoT車両情報の社会応用に関する基礎理論
システム情報工学研究科
高原 勇
修士論文 ライドシェアは地方モビリティ確保の救世主と成り得るか
-道路ネットワークに着目して-
システム情報工学研究科
長 晃
専攻長表彰
個人情報保護と経済効果性のトレードオフに関する研究
-最適な集計範囲の追求-
システム情報工学研究科
難波 洸子
エネルギーシェアと地方活性化
-車車間非接触受給電とソーラー発電に着目して-
システム情報工学研究科
若林 優妃
卒業論文 右折を禁止した交通移動の効率性
-自動運転実用化を見据えて-
社会工学類
小又 暉広
地域情報発信においてYoutubeは有効であるか
-動画投稿型インターネットメディアの台頭を踏まえて-
社会工学類
高木 力貴也
移動体色彩と地域景観との調和に関する分析
-成熟時代の街並み景観を追求する-
社会工学類
高瀬 陸

平成28年度

修士論文 農業におけるシェアリングエコノミーと自動農機の導入の可能性
-IoT時代を迎えて-
システム情報工学研究科
竹屋 裕樹
過疎地域における持続可能な市町村道維持管理に関する研究
-網走郡津別町を対象として-
システム情報工学研究科
湊 信之介
専攻長表彰
インフラ投資減少時代における高速道路跨道橋の集約化に関する研究
-常磐道を事例として-
システム情報工学研究科
鄭 伊曼
卒業論文 交差点信号機の維持管理に関する研究
-人口減少とIoT時代を迎えて-
社会工学類
竹中 太基
同窓会優秀賞
俯瞰視点場を踏まえた太陽光パネルの景観規制及び光害対策
-方位や緯度を意識した解析研究-
社会工学類
藤原 真梨子
アクセス距離から見た災害時における巡回型FCバス活用の可能性
-移動と防災との両立-
社会工学類
堀 龍一

平成27年度

修士論文 移動式ステーションの導入効果に関する数理的考察
-給油過疎地の解消と水素社会の実現-
システム情報工学研究科
赤澤 邦夫
専攻長表彰
人口減少時代における酒蔵の地理空間分析
-酒文化の地域的価値継承に向けて-
システム情報工学研究科
岡本 ゆきえ
専攻長表彰
訪日外国人観光客の訪問地多様性の分析
-観光先進地域 北海道を事例として-
システム情報工学研究科
川岸 卓司
茗渓賞受賞
卒業論文 地方部における中等教育のあり方
-少子化の進展と財政の深刻化を踏まえて-
社会工学類
長 晃
オタクによる地方創生は可能か
-価値観の多様化・変化への公共の対応-
社会工学類
野口 宇宙
筑波大学周辺の夜間照度調査
-昼ランversus夜ラン-
社会工学類
若林 優妃

平成26年度

博士論文 市場縮小期における持続的な観光振興施策に関する考察
システム情報工学研究科
山田 雄一
修士論文 緑視率からみた 街路樹削減策の数理的検討
システム情報工学研究科
張 心笛
茗渓賞受賞
卒業論文 自転車利用促進と法規制との矛盾
-健康と環境の時代を迎えて-
社会工学類
神保 裕美
外構としての石塀と植栽の比較研究
-高齢社会を迎えて-
社会工学類
湊 信之介

平成25年度

修士論文 地方分権と地域間税率競争
システム情報工学研究科
濱津 桃子
給油所過疎地域に関する数理的考察
システム情報工学研究科
盆子原 歩
茗渓賞受賞
縮小時代におけるインフラ施設の選択と集中
-ネットワーク形状に着目して-
システム情報工学研究科
矢田 晃一
大学入学の地元志向に関する時空間分析
生命環境科学研究科
関口 悠行
プロスポーツ観客動員促進のための空間分析
-Jリーグを対象として-
生命環境科学研究科
二階堂 悠貴
施設立地の合意形成に関する解析的研究
-シャープレイ指数による考察-
生命環境科学研究科
松枝 千尋
同窓会優秀賞
卒業論文 スポーツのパフォーマンスに関する数理的考察
-箱根駅伝を対象として-
社会工学類
赤澤 邦夫
茗渓賞受賞
方向に着目した車窓景観分析
社会工学類
岡本 ゆきえ
同窓会優秀賞

平成24年度

修士論文 移動距離の相関係数に関する研究
システム情報工学研究科
飯田 マリ
茗渓賞受賞
成熟時代における市庁舎建設候補地の比較分析
-効率性追求と合意形成の齟齬-
システム情報工学研究科
高森 賢司
専攻長表彰
卒業論文 災害時を想定した大学施設整備
-虹の広場を対象として-
社会工学類
大野 隆行
県際地域の特性
-河川境界による影響分析-
社会工学類
小菅 伊織

平成23年度

博士論文 火災データ分析に基づく人的損傷リスクの考察と避難安全設計法への適用
システム情報工学研究科
野竹 宏彰
修士論文 道路附属物の配置に関する数理的考察
-積分幾何学手法を用いて-
システム情報工学研究科
菴木 嶺
専攻長表彰
災害対応型給油所の立地に関する数理的考察
システム情報工学研究科
田代 泰史
専攻長表彰
卒業論文 空間に起因する地産地消の限界
社会工学類
田中 弥菜美
同窓会優秀賞
視覚と聴覚からの界隈性評価
社会工学類
濱津 桃子
コミュニティラジオとまちづくり
社会工学類
盆子原 歩

平成22年度

修士論文 なぜ沿道商業施設は大型化するのか
-放射環状都市におけるガソリンスタンドでの油外製品販売の可能性-
生命環境科学研究科
大山 皓史
アクセシビリティに着目した地域における公共浴場施設の立地分析
生命環境科学研究科
鈴木 信好
市町村合併後の公共施設の過不足に関する研究
-集計誤差に関する理論的考察と実証分析-
システム情報工学研究科
松丸 仁
卒業論文 2階建てオープンバスから見た都市景観の分析
社会工学類
飯田 マリ
同窓会優秀賞
山アテ道路の数理分析
-筑波山を対象として-
社会工学類
高森 賢司
筑波大学の電気使用量平滑化に関する研究
-学期スケジュール変更による効果-
社会工学類
矢田 晃一
同窓会優秀賞

平成21年度

修士論文 学校再編問題における数理的考察
システム情報工学研究科
小松 宏一廊
専攻長表彰
少子高齢社会における公共交通網と高等学校の立地分布
-茨城県立高校を事例として-
システム情報工学研究科
今 佐和子
専攻長表彰
縮小時代における施設逐次配置
-けちけち法と欲張り法-
システム情報工学研究科
渕田 隆臣
専攻長表彰
同窓会優秀賞
筑波山へのビスタ景観と建築高さ規制に関する論考
生命環境科学研究科
森口 壮一郎
卒業論文 道路網の日向経路と日陰経路
社会工学類
菴木 嶺
同窓会優秀賞
倒景の解析
社会工学類
田代 泰史
最優秀同窓会賞

平成20年度

修士論文 地利値に関する理論的研究
-地理的位置に起因する地域間格差-
システム情報工学研究科
林 利充
湖沼の自治体境界分割法に関する研究
-地方交付税制度に着目した提言-
システム情報工学研究科
矢萩 雅広
住民投票における最低投票率制度の意義
システム情報工学研究科
山倉 克俊
天空率を用いた街路3次元空間評価
建築規制が建築物形態に与える影響
生命環境科学研究科
青木 充広
同窓会優秀賞
卒業論文 ネオ屋台による賑わい効果の計測
筑波大学社会実験を通して
社会工学類
椎名 愛実
最優秀同窓会賞
ブラジル人集住都市への提言
-水海道を主たる事例として-
社会工学類
畠野 真一
ご当地キャラクターを用いた地域ブランドの整理
社会工学類
山田 真梨子
同窓会優秀賞

平成19年度

修士論文 コーホート要因法による人口推定結果の安定性に関する研究
システム情報工学研究科
小野田 竜巳
前期1年次
システム情報工学研究科
山倉 克俊
研究科長表彰
卒業論文 mixi利用者の拡大からみた流行浸透度の地域差
社会工学類
渋尾 真弓
国民体育大会の順位決定及びインフラ整備に関する研究
社会工学類
松丸 仁
自動販売機の価格と分布の考察
-筑波大学周辺を対象として-
社会工学類
飯窪 圭司
最優秀同窓会賞

平成18年度

博士論文 公園の防犯性に関する実証的研究
システム情報工学研究科
雨宮 護
修士論文 面的視対象への大きさ・バランス・奥行きに関する研究
-湖沼を対象に-
システム情報工学研究科
切田 元
新聞購読と記事情報に関する空間分析
システム情報工学研究科
佐々木 翔一
航空会社間の運賃・運行間隔競争モデル
-ホテリング問題を応用して-
システム情報工学研究科
菅野 厚
鉄道移動時の車窓景観に関する考察
システム情報工学研究科
松本 立子
水田地域の農業農村整備事業地区における生物生息空間の管理組織づくりの実態
環境科学研究科
斎藤 美奈
卒業論文 苗字の空間的分布に関する研究
社会工学類
林 利充
同窓会優秀賞
地域政策の導入と空間的伝播
社会工学類
矢萩 雅広
合併プロセスからみた平成の大合併
社会工学類
山倉 克俊

平成17年度

博士論文 太陽光発電普及社会に向けての建築形態と地域構造に関する研究
システム情報工学研究科
小林 隆史
前期1年次
システム情報工学研究科
松本 立子
研究科長表彰
卒業論文 地域別お土産販売種類数にみる地域間影響
社会工学類
小野田 竜巳

平成16年度

博士論文 広域化と平等性からみた行政サービス施設の立地と圏域に関する数理的考察
システム情報工学研究科
尾崎 尚也
移動距離に着目した不確実性に対する施設配置および道路網の頑健性
システム情報工学研究科
宮川 雅至
修士論文 街路樹の空間配置と緑量に関する基礎的考察
環境科学研究科
音羽 一弘
都道府県や市区町村を地域単位とした年齢階層別男女比率アンバランスに関する研究
環境科学研究科
清水 奈緒
時間地図を用いた道路整備効果に関する研究
環境科学研究科
住谷 優友
卒業論文 駐車時間に着目した自転車利用圏
社会工学類
菊地 穂高
ハーフミラー壁面による空の反射量の分析
社会工学類
切田 元
ナンバープレート調査を用いた自動車の越境利用量の推定と分析
社会工学類
佐々木 翔一
利用者間公平性に着目した鉄道運賃と競合区間割引
社会工学類
菅野 厚
移動距離に着目した夜間小児医療配置
社会工学類
松本 立子

平成15年度

博士論文 建築物形態規制と市街地形態に着目した地区容量の推定に関する研究
社会工学研究科
中川 享規
修士論文 季節前線近接性の時空表示に関する研究
システム情報工学研究科
五木田 玲子
人込みにおけるウイルス感染確率
経営・政策科学研究科
坂上 友紀
建築基準法天空率に関する解析的考察
環境科学研究科
蓮香 文絵
Allocating Alternative Fueling Facilities
-a Way of Fighting Air Pollution in Cairo,Egypt-
環境科学研究科
Ahmed Abdel-Moniem Mohamed
卒業論文 道路曲率と空可視率からみたバイパスと旧道との景観比較
社会工学類
岩沢 康治
市街地画定方法
社会工学類
川野 智
駅前広告物に対する駅利用者の認識
社会工学類
児玉 一世
地下鉄乗換駅の構成
社会工学類
齊藤 史行
外国人観光客誘致に向けたユースホテルの役割
社会工学類
本島 裕介

平成14年度

博士論文 連続性に着目した道路ネットワーク評価分析
社会工学研究科
田村 一軌
修士論文 NPOの経済効果及び税制優遇制度に関する計量的考察
環境科学研究科
山本 剛
鉄道による移動可能空間の拡大
経営・政策科学研究科
大原 宏晃
卒業論文 歩行者が占める視野確率と広場景観評価
社会工学類
大窪 諭
住民のアクセシビリティに着目した福祉循環バスの評価
-つくば市のりのりバスを対象として-
社会工学類
小松崎 英幸
高蔵寺ニュータウンにおける住民の年齢構成と居住形態
社会工学類
佐藤 千香恵
都市形状による夜景の定量的評価
社会工学類
渋谷 敬一
Jリーグ観客動員数の分析
社会工学類
沼口 亮
地域人口の変化に伴う施設利用者の変動予測
社会工学類
山田 友子

平成13年度

修士論文 施設配置の不平等性に関する数理的考察
システム情報工学研究科
尾崎 尚也
太陽光発電導入が地域空間構造に与える影響
-アロンゾ型地代モデルを用いて-
システム情報工学研究科
小林 隆史
利用者からの距離に着目した規則的施設配置の頑健性
システム情報工学研究科
宮川 雅至
まつり行事の開催時期に着目した地域特性の分析
経営・政策科学研究科
上川原 学
二点が同時に一つの領域に含まれる測度の近似算法及び応用
経営・政策科学研究科
楊 立群
ごみ焼却によって発生するダイオキシン類と収集車が出す排ガスに着目したごみ処理広域圏設定に関する考察
環境科学研究科
西村 正志
卒業論文 人通りと街灯による防犯性に着目したキャンパスリニューアル 社会工学類
五木田 玲子
健康不安を考慮した電磁波発生施設のあり方 社会工学類
坂上 友紀
最優秀同窓会賞
山の見え方と地域密着性との関係 社会工学類
蓮香 文絵
同窓会優秀賞
つくば市における帯状低地の景観保全活用に関する研究 社会工学類
渡辺 賢