MESSAGE

教授からのメッセージ

本研究室の理念は,自由闊達な議論による理論・実証研究を通して,人材育成,学術貢献,地域還元することにある.社会工学という学問分野に鑑み,学生,現場のニーズに合わせられるため研究間口を広げることを意識し,現場との信頼関係に務める.
研究室学生指導方針は以下の点からなる.
第一に,学生の自主性を重んじ,学生自らが研究テーマを決めさせる.
第二に,オリジナリティを追求するため,無駄と思えるような作業を多数行わせる.
第三に,現場センスを磨かせるため,視察,分析プレゼン,ワークショップ,懇親会も含め学生が能動的に行動できる地域交流の場を提供する.
現在,関心のあるテーマをあえて言うと,
(1) 地方活性化・地方創生:日本再興,原風景を大事にしたい.
(2) インフラ維持管理:社会工学研究の典型例の一つで,地味だけどわが国地方政策では本質な課題である.
(3) 新学園都市の持続性:ルーバンラヌーブ(ベルギー)や筑波(日本)での生活経験もあり,都市計画の原点である.
(4) 景観研究の計量化:道路景観や夜景景観といった何気ない風景を大事にしたい.
(5) 積分幾何学,幾何確率といった理論:若いときにやり残したことに挑戦したい.