サイトニュース をスキップする

サイトニュース

画像 ユーザ 管理
Moodleのお知らせ
2010年 10月 15日(Friday) 12:04 - ユーザ 管理 の投稿
 
「氏」と「名」は必ず漢字で登録して下さい。
 

コース一覧 をスキップする

コース一覧

フレッシュマン・セミナー (AY2016~) 質問紙

このコースに関する簡潔で興味深い説明文をここに入力してください。
プログラム言語についての講義と実習を通じてプログラミングの基礎的な概念について学ぶ。
Rをはじめて使う人のために,インストール法,入門ドキュメントの取得法,チュートリアル,演習問題などを掲載.
登録キー無しに shako システムにIDを持っているユーザーは自由に閲覧できる.
このコースに関する簡潔で興味深い説明文をここに入力してください。
プログラム言語についての講義と実習を通じてプログラミングの基礎的な概念について学ぶ。

プログラム言語についての講義と実習を通じて、プログラミングの基礎的な概念について学びます。

Java言語を基礎にプログラミングとはどういうものかを 2学期に続いて実習を行いながら学びます.

プログラム言語についての講義と実習を通じてプログラミングの基礎的な概念について学ぶ。個別に小さいプログラムを作るのではなく、複数のクラス(多くのメソッドやフィールド)からなるやや大きなプログラムを作ることを目指す。それによって、Javaのオブジェクト指向やカプセル化の思想を経験する。材料にするのは行列の基本行演算である。

多変数関数の微分と積分の理論,計算,応用について学ぶ.

コンピュータの基本操作を習得する.

コンピュータの基本操作を習得する.

入学初年度生向けに、コンピュータに関する入門的講義および演習を行う。基本的なソフトウェアの使い方を通じ、コンピュータおよび端末室に慣れることを目的とする。
計算機の基礎理論(情報の表現,論理回路,プログラム言語,OS,ネットワーク,計算の理論等)の入門的講義を行う。
社会調査の基本手法を講義し、実習を行う。
オブジェクト指向の概念を組み込んだ業務システム設計をUMLを使って実習を行う。
経営工学を次の視点から考察する。
(1)働く人々が経験する態度や行動の決定要因について
(2)生産システム:システムデザイン、プロセス管理
データを分析する上での具体的な手法やモデル,その応用について講義する。特に線形回帰モデルについて重点的に講義を行う。

社会・経済問題におけるさまざまな意思決定問題をモデル化するのに必要な基礎的な概念について学習する。たとえば,効用モデル,リスク態度,トレード・オフ、社会・グループ意思決定などを含む。

経営情報システム(Management Information Systems)つまり経営におけるコンピュータ・システムの応用と企業の情報化に関する基礎知識を講義する.
生産・品質管理の概論、統計的品質管理手法、在庫理論、信頼性工学について解説する。

この授業では,市場調査や生産管理などの実験データを「偏りなく如何に少ない手間で得るにはどうすればいいか」、そして 実際の装置で実験する代わりに,コンピューター上にモデル(模型)を作って模擬実験(コンピュータシミュレーション)する手法を実習しながら学びます.

システム管理技術を習得するために,班に分かれ,班ごとブランク・マシンに Linux をインストールする.そしてネットワーク及びセキュリティの設定をおこない,メールサーバ, Web サーバなどの機能を立ち上げる.

組織における人間行動に関する入門的な内容をカバーします。

経営戦略,管理会計,マーケティングなどについて総合的な理解を深めるため,チーム作業によって,特定の課題解決を想定した実習を行う

ネットワークの基本構成や形態などについて説明し,電子メール,WWWなど実際の応用例を用いてインターネットの基本技術を解説する.また,ネットワークセキュリティの脅威と対策,暗号システム,認証方式,鍵管理方式,及び電子メールセキュリティについても解説する.

このコースに関する簡潔で興味深い説明文をここに入力してください。

経営工学的に興味深いテーマに取り組む。
前半:生産システム工学の基礎、ビジネス・プロセス分析とカイゼン提案・効果検証(シミュレーション)など. 今年度は、オブジェクト指向データベース設計は省く.

後半:同時購入歴やブログ参加者ネット,企業の提携関係等の中規模ネットワークの可視化と分析

20日(月曜)に登録方法を説明します

電子商取引が既存のビジネスをどのように変えつつあり、新たな企業戦略やビジネスモデルが生まれているかを説明するとともに、電子商取引の基盤である情報システムやネットワーク技術の活用についても説明する。


リスクおよび不確実性下における意思決定理論における選好モデルについて学習する。
具体的には期待効用モデルの基礎を学んでから、近年最も重要な期待効用モデルの一般化であるとされているランク依存性とランク依存的期待効用モデルおよびプロスペクト理論の理論的基礎をカバーする。


前半(第1週から第5週)は浅野が、後半(第6週から第10週)は中村が担当する。
浅野は下記テキストに沿い、社会科学における非実験データからの推論について講義 する。
中村は「決め方の経済学」(近代経済学の発展を決め方の観点から考える)について 講義する。

上級ミクロ経済理論のうち、消費者理論、企業の理論、一般均衡理論について学習する。
This course studies consumer theory, theory of firm, and general equilibrium.
The objective of this course is to learn the basic concept of data communications in the Internet and to understand the advanced technologies used in modern communication networks.

This course seeks to provide a critical mass of knowledge related to personality in organizations. A large body of past research will be reviewed that has been accumulated in the organizational behavior area.

このコースに関する簡潔で興味深い説明文をここに入力してください。
このコースに関する簡潔で興味深い説明文をここに入力してください。

This course is positioned as a marketing model course. In order to construct a marketing decision model a technique that is called as marketing engineering is used, instead of conceptual marketing that focuses on "concept”. The knowledge of statistics is assumed and statistical methods are explained upon necessity. The concept of marketing is explained at the first part of the class and, at the second part of the class, students develop a marketing model by themselves.

このコースに関する簡潔で興味深い説明文をここに入力してください。
情報技術が経営の意思決定と業務管理にどのように活用されているかを講義する.
注:このコースは社シス(01CB241)とCS(01CJ405)と共通

SCMを中心とした業務連鎖と、生産管理技術を学ぶ。また、それらに関連する情報システムと人の役割や変化について学ぶ。グループワークで、各種業務連鎖について具体的にレポートする。

This class provides intermediate microeconomics for MBA/MPP students.

このコースはテスト