Yuichi TAKANO's Web Page

Language: English/Japanese

高 野 祐一 (Yuichi TAKANO)

准教授

筑波大学 システム情報系 社会工学域

研究室:筑波キャンパス 第三エリア 工学系学系F棟12階 F1204号室ア クセスキャ ンパスマップ
所在地:〒305-8577 茨城県 つくば市 天王台1-1-1
電話番号:029-853-5087
FAX:029-853-5070
E-mail:
ytakano [at mark] sk.tsukuba.ac.jp

研究者紹介:社 会工学専攻筑 波大学Google ScholarResearchGate


News


目次


略歴

学 歴:

職歴:


研究分野


研究論文

未出版(査読中)の原稿:

査読付き学術誌論文

  1. J. Iwanaga, N. Nishimura, N. Sukegawa and Y. Takano, ``Improving Collaborative Filtering Recommendations by Estimating User Preferences from Clickstream Data,'' Electronic Commerce Research and Applications (in press).
  2. T. Sato, Y. Takano and T. Nakahara, ``Investigating Consumers' Store-Choice Behavior via Hierarchical Variable Selection,'' Advances in Data Analysis and Classification (in press).
  3. M. Naganuma, Y. Takano and R. Miyashiro, ``Feature Subset Selection for Ordered Logit Model via Tangent-Plane-based Approximation,'' IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E102-D, No. 5, pp. 1046--1053 (2019).
  4. R. Tamura, K. Kobayashi, Y. Takano, R. Miyashiro, K. Nakata and T. Matsui, ``Mixed Integer Quadratic Optimization Formulations for Eliminating Multicollinearity Based on Variance Inflation Factor,'' Journal of Global Optimization, Vol. 73, No. 2, pp. 431--446 (2019).
  5. N. Nishimura, N. Sukegawa, Y. Takano and J. Iwanaga, ``A Latent-Class Model for Estimating Product-Choice Probabilities from Clickstream Data,'' Information Sciences, Vol. 429, No. 1, pp. 406--420 (2018).
  6. Y. Takano, N. Ishii and M. Muraki, ``Determining Bid Markup and Resources Allocated to Cost Estimation in Competitive Bidding,'' Automation in Construction, Vol. 85, No. 1, pp. 358--368 (2018).
  7. R. Tamura, K. Kobayashi, Y. Takano, R. Miyashiro, K. Nakata and T. Matsui, ``Best Subset Selection for Eliminating Multicollinearity,'' Journal of the Operations Research Society of Japan, Vol. 60, No. 3, pp. 321--336 (2017).
  8. Y. Takano, N. Ishii and M. Muraki, ``Multi-Period Resource Allocation for Estimating Project Costs in Competitive Bidding,'' Central European Journal of Operations Research, Vol. 25, No. 2, pp. 303--323 (2017)
  9. T. Sato, Y. Takano and R. Miyashiro, ``Piecewise-Linear Approximation for Feature Subset Selection in a Sequential Logit Model,'' Journal of the Operations Research Society of Japan, Vol. 60, No. 1, pp. 1--14 (2017).
  10. T. Sato, Y. Takano, R. Miyashiro and A. Yoshise, ``Feature Subset Selection for Logistic Regression via Mixed Integer Optimization,'' Computational Optimization and Applications, Vol. 64, No. 3, pp. 865--880 (2016).
  11. J. Iwanaga, N. Nishimura, N. Sukegawa and Y. Takano, ``Estimating Product-Choice Probabilities from Recency and Frequency of Page Views,'' Knowledge-Based Systems, Vol. 99, No. 1, pp. 157--167 (2016).
  12. N. Ishii, Y. Takano and M. Muraki, ``A Revised Algorithm for Competitive Bidding Price Decision under Limited Engineering Man-Hours in EPC Projects,'' 横幹連合 会誌「横幹, Vol. 10, No. 1, pp. 47--56 (2016).
  13. T. Sato, Y. Takano and T. Nakahara, ``Using Mixed Integer Optimisation to Select Variables for a Store Choice Model,'' International Journal of Knowledge Engineering and Soft Data Paradigms, Vol. 5, No. 2, pp. 123--134 (2016).
  14. R. Miyashiro and Y. Takano, ``Mixed Integer Second-Order Cone Programming Formulations for Variable Selection in Linear Regression,'' European Journal of Operational Research, Vol. 247, No. 3, pp. 721--731 (2015). 
  15. 西村直樹, 関根琴美, 高 野祐一, 村木正昭, 「季 節性を考慮した協調フィルタリング」, オ ペレーションズ・リサーチ:経営の科学, Vol. 60, No. 8, pp. 475--482 (2015).
  16. Y. Takano, K. Nanjo, N. Sukegawa and S. Mizuno, ``Cutting Plane Algorithms for Mean-CVaR Portfolio Optimization with Nonconvex Transaction Costs,'' Computational Management Science, Vol. 12, No. 2, pp. 319--340 (2015).
  17. R. Miyashiro and Y. Takano, ``Subset Selection by Mallows' Cp: A Mixed Integer Programming Approach,'' Expert Systems with Applications, Vol. 42, No. 1, pp. 325--331 (2015).
  18. Y. Takano and J. Gotoh, ``Multi-Period Portfolio Selection Using Kernel-Based Control Policy with Dimensionality Reduction,'' Expert Systems with Applications, Vol. 41, No. 8, pp. 3901--3914 (2014).
  19. N. Ishii, Y. Takano and M. Muraki, ``An Order Acceptance Strategy under Limited Engineering Man-Hours for Cost Estimation in Engineering-Procurement-Construction Projects,'' International Journal of Project Management, Vol. 32, No. 3, pp. 519--528 (2014).
  20. 高 野祐一, 田中未来, C川矩義, 竹山光将, 神里栄, 千代竜佑, 小林健, 田中研太郎, 中田和秀, 「ファ ジィクラスタワイズ回帰を用いた共同購入型クーポンサイトの閲覧傾向分析」, オ ペレーションズ・リサーチ:経営の科学, Vol. 59, No. 2, pp. 81--87 (2014).
  21. Y. Takano, N. Ishii and M. Muraki, ``A Sequential Competitive Bidding Strategy Considering Inaccurate Cost Estimates,'' OMEGA, The International Journal of Management Science, Vol. 42, No. 1, pp. 132--140 (2014).
  22. 柴崎佑翔, 南條慶輔, 高 野祐一, 水野眞冶, 「リ スク評価にCVaRを用いた保険料決定の最適化モデル」, オ ペレーションズ・リサーチ:経営の科学, Vol. 58, No. 8, pp. 469--475 (2013).
  23. Y. Takano and R. Sotirov, ``A Polynomial Optimization Approach to Constant Rebalanced Portfolio Selection,'' Computational Optimization and Applications, Vol. 52, No. 3, pp. 645--666 (2012).
  24. Y. Takano and J. Gotoh, ``A Nonlinear Control Policy Using Kernel Method for Dynamic Asset Allocation,'' Journal of the Operations Research Society of Japan, Vol. 54, No. 4, pp. 201--218 (2011).
  25. Y. Takano and J. Gotoh, ``Constant Rebalanced Portfolio Optimization under Nonlinear Transaction Costs,'' Asia-Pacific Financial Markets, Vol. 18, No. 2, pp. 191--211 (2011).
  26. 後藤順哉, 高野祐一, 山本芳嗣, 和田保乃, 「企 業価値変動モデルとCVaRを用いた与信ポートフォリオ最適化問題とその効率的解法」, 日 本オペレーションズ・リサーチ学会和文論文誌, Vol. 54, No. 1, pp. 23--42 (2011).
  27. Y. Takano and J. Gotoh, ``Alpha-Conservative Approximation for Probabilistically Constrained Convex Programs,'' Computational Optimization and Applications, Vol. 46, No. 1, pp. 113--133 (2010).
  28. 高野祐一, 小川直哉, 角田淳史, 木村康宏, 矢島洋平, 「食 卓メニューの販売促進効果を考慮した商品陳列決定モデル」, オ ペレーションズ・リサーチ:経営の科学, Vol. 55, No. 2, pp. 113--120 (2010).
  29. Y. Takano and Y. Yamamoto, ``Metric-Preserving Reduction of Earth Mover's Distance,'' Asia-Pacific Journal of Operational Research, Vol. 27, No. 1, pp. 39--54 (2010).
  30. 高野祐一, 水野圭, 山菅和人, 佐藤齊行, 小川直哉, 「最 小絶対値回帰分析を利用した中古車落札金額予測モデルの構築」, オ ペレーションズ・リサーチ:経営の科学, Vol. 54, No. 2, pp. 81--90 (2009).
  31. J. Gotoh and Y. Takano, ``Newsvendor Solutions via Conditional Value-at-Risk Minimization,'' European Journal of Operational Research, Vol. 179, No. 1, pp. 80--96 (2007).

査 読付き会議録論文:

  1. S. Kamiya, R. Miyashiro and Y. Takano, ``Feature Subset Selection for the Multinomial Logit Model via Mixed-Integer Optimization,'' Proceedings of the 22nd International Conference on Artificial Intelligence and Statistics (AISTATS 2019), pp. 1254--1263 (2019).
  2. N. Ishii, Y. Takano and M. Muraki, ``Design and Evaluation of the Joint Venture Formation in EPC Projects,'' Proceedings of the 19th Asia Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference (APIEMS 2018), 6 pages (2018)
  3. N. Ishii, Y. Takano and M. Muraki, ``Resource Flow Based Order Selection Method in Project Cost Estimation Process,'' Proceedings of the 7th International Conference on Simulation and Modeling Methodologies, Technologies and Applications (SIMULTECH 2017), pp. 155--162 (2017).
  4. 佐藤俊樹, 高 野祐一, 中原孝信, 「混合整数最適化による階層的変数選択を用いた店舗選択要因の分析」, 第 15回情報科学技術フォーラム(FIT 2016)講演論文集 第2分冊, pp. 23--30 (2016).
  5. N. Ishii, Y. Takano and M. Muraki, ``A Dynamic Scheduling Problem in Cost Estimation Process of EPC Projects,'' Proceedings of the 6th International Conference on Simulation and Modeling Methodologies, Technologies and Applications (SIMULTECH 2016), pp. 187--194 (2016).
  6. 佐藤俊樹, 高野祐一, 中原孝信, 「整数計画法による変数選択を用いた店舗選択モ デル」, 第14回情報科学技術フォーラム(FIT 2015)講演論文集 第2分冊, pp. 53--58 (2015).
  7. R. Tamura, R. Miyashiro and Y. Takano, ``Improvement on a Stepwise Method in Variable Selection Problem in Linear Regression,'' Proceedings of the 4th ICT International Student Project Conference (ICT-ISPC 2015), 4 pages in USB (2015).
  8. N. Ishii, Y. Takano and M. Muraki, ``A Two-Step Bidding Price Decision Algorithm under Limited Man-Hours in EPC Projects,'' Proceedings of the 3rd International Conference on Simulation and Modeling Methodologies, Technologies and Applications (SIMULTECH 2013), pp. 393--403 (2013). 

書 籍論文:

  1. N. Ishii, Y. Takano and M. Muraki, ``A Resource Flow Based Multistage Dynamic Scheduling Method for the State-Dependent Work,'' In M. Obaidat, T. Oren and F. Rango (eds.), Simulation and Modeling Methodologies, Technologies and Applications, Advances in Intelligent Systems and Computing, Vol. 873, pp. 300--316 (2019).
  2. N. Ishii, Y. Takano and M. Muraki, ``A Simulation-Based Dynamic Scheduling Method in Project Cost Estimation Process,'' In M. Obaidat, T. Oren and Y. Merkuryev (eds.), Simulation and Modeling Methodologies, Technologies and Applications, Advances in Intelligent Systems and Computing, Vol. 676, pp. 261--279 (2018).
  3. N. Ishii, Y. Takano and M. Muraki, ``A Heuristic Bidding Price Decision Algorithm Based on Cost Estimation Accuracy under Limited Engineering Man-Hours in EPC Projects,'' In M. Obaidat, S. Koziel, J. Kacprzyk,  L. Leifsson and T. Oren (eds.), Simulation and Modeling Methodologies, Technologies and Applications, Advances in Intelligent Systems and Computing, Vol. 319, pp. 101--118 (2015).
査読無し学術誌/紀要論文:
  1. 高 橋良介, 高野祐一, 「LDPC 符号に対するタブー探索法に基づく勾配降下ビット反転復 号法」, 情報科学研究, Vol. 39, pp. 51--59 (2019).
  2. 橋 本莉奈, 高野祐一, 「数 理最適化による学生のプロジェクト配属の決定」, 専 修ネットワーク&インフォメーション, Vol. 26, pp. 27--31 (2018).
  3. 柿 沼美希, 高 野祐一, 「整 数最適化復号法の性能評価」, 情報科学研究, Vol. 38, pp. 17--24 (2018).
  4. 田 村隆太, 小林健, 高野祐一, 宮代隆平, 中田和秀, 松井知己 , 「多 重共線性を考慮した回帰式の変数選択問題の定式化」, オペレーションズ・リ サーチ: 経営の科学, Vol. 63, No. 3, pp. 128--133 (2018).
  5. 宮崎晃年, C川矩義, 高 野祐一, 水野眞治, 「キー クレーン間干渉を考慮したコンテナ事前配列問題」, 情報科学研究, Vol. 37, pp. 1--11 (2017).
  6. 高 野祐一, 「ZIMPL 言語とSCIPによる数理最適化」, 専 修ネットワーク&インフォメーション, Vol. 24, pp. 9--14 (2016).
  7. 志甫有真, 谷川奈穂, 馬場隆, 菊地宏治, 片山翔太, 高野祐一, 中田和秀, 「複数の販売チャネルでの購入を促進 するための商品推薦手法」, 情報科学研究, Vol. 36, pp. 1--10 (2016).
  8. Y. Takano, S. Tsunoda and M. Muraki, ``Mathematical Optimization Models for Nonparametric Item Response Theory,'' Information Science and Applied Mathematics, Vol. 23, pp. 1--18 (2016).
  9. 山根智之, 菅原光太郎, 西村直樹, 小林健, 吉田佑輔, 高 野祐一, 中田和秀, 「時 系列モデルによる商品販促効果の分析」, オペレーションズ・リサーチ: 経営の科学, Vol. 61, No. 2, pp. 65--70 (2016).
  10. 高野祐一, 「競 争入札戦略と決定理論モデル」, オペレーションズ・リサーチ: 経営の科学, Vol. 60, No. 7, pp. 369--373 (2015).
  11. 高 野祐一, 「確 率計画法の理論と応用」, 専 修ネットワーク&インフォメーション, Vol. 23, pp. 14--21 (2015).
  12. 高 野祐一, 和田悠太郎, 生田目崇, 村木正昭, 「ア ドネットワークにおけるバナー広告入札戦略決定フレームワークの有効性の検証」, 情 報科学研究, Vol. 35, pp. 1--17 (2015).
  13. 西村直樹, C川矩義, 高野祐一, 岩永二郎, 水野眞治, 「EC サイトの商品特性を考慮した2次元確率表による購買予測」, オペレーションズ・リサーチ: 経営の科学, Vol. 60, No. 2, pp. 69--74 (2015).
  14. 宮代隆平, 高 野祐一, 「混 合整数2次錐計画法による回帰式の変数選択, オペレーションズ・リサー チ:経営の科学, Vol. 59, No. 12, pp. 732--738 (2014).
  15. Y. Takano and R. Sotirov, ``Towards Global Optimization of Constant Rebalanced Portfolio,'' Medium for Econometric Applications, Vol. 18, No. 4, pp. 22--28 (2012).
学位論文:
そ の他:


研究発表

国際会議/研究集会における発表:

  1. Y. Takano and R. Miyashiro, ``Recent Advances in Mixed-integer Optimization Approaches to Feature Subset Selection,'' INFORMS 2018 Annual Meeting, Phoenix Convention Center, U.S.A., November 4--7, 2018.
  2. R. Tamura, K. Kobayashi, Y. Takano, R. Miyashiro, K. Nakata and T. Matsui, ``Mixed-Integer Quadratic Optimization Formulations for Eliminating Multicollinearity Based on Variance Inflation Factor,'' INFORMS 2017 Annual Meeting, George R. Brown Convention Center, U.S.A., October 22--25, 2017. 
  3. Y. Takano, T. Sato, R. Miyashiro and A. Yoshise, ``Feature Subset Selection for Logistic Regression via Mixed Integer Optimization,'' Workshop on Advances in Optimization, TKP Shinagawa Conference Center, Japan, August 12--13, 2016.
  4. Y. Takano, T. Sato, R. Miyashiro and A. Yoshise, ``Feature Subset Selection for Logistic Regression via Mixed Integer Optimization,'' The 28th European Conference on Operational Research (EURO 2016), Poznan University of Technology, Poland, July 3--6, 2016.
  5. Y. Takano, ``Feature Subset Selection for Linear/Logistic Regression via Mixed Integer Optimization,'' The 22nd International Symposium on Mathematical Programming (ISMP 2015), Wyndham Grand Pittsburgh Downtown, U.S.A., July 12--17, 2015.
  6. Y. Takano, K. Nanjo, N. Sukegawa and S. Mizuno, ``A Cutting Plane Algorithm for Mean-CVaR Portfolio Optimization under Nonconvex Transaction Costs,'' The 26th EURO-INFORMS Joint International Conference (EURO 2013), Sapienza University of Rome, Italy, July 1--4, 2013.
  7. Y. Takano and J. Gotoh, ``Control Policy Optimization for Dynamic Asset Allocation,'' INFORMS 2012 Annual Meeting, Phoenix Convention Center, U.S.A., October 14--17, 2012.
  8. Y. Takano and J. Gotoh, ``Control Policy Optimization for Dynamic Asset Allocation by Using Kernel Principal Component Analysis,'' The 21st International Symposium on Mathematical Programming (ISMP 2012), Berlin Institute of Technology, Germany, August 19--24, 2012.
  9. Y. Takano and J. Gotoh, ``A Nonlinear Control Policy Using Kernel Method for Dynamic Asset Allocation,'' INFORMS 2011 Annual Meeting, Charlotte Convention Center, U.S.A., November 13--16, 2011.
  10. Y. Takano and R. Sotirov, ``Polynomial Optimization Approach to Constant Rebalanced Portfolio Optimization,'' CentER Operations Research Seminar, Tilburg University, The Netherlands, September 9, 2010.
  11. Y. Takano and Y. Yamamoto, ``Metric-Preserving Reduction of Earth Mover's Distance,'' The 20th International Symposium on Mathematical Programming (ISMP 2009), Chicago Marriott Downtown Magnificent Mile, U.S.A., August 23--28, 2009.
  12. Y. Takano and J. Gotoh, ``Constant Rebalanced Portfolio Optimization under Nonlinear Transaction Costs,'' Modeling and Optimization: Theory and Applications (MOPTA 2009), Lehigh University, U.S.A., August 19--21, 2009.
  13. Y. Takano and J. Gotoh, ``$\alpha$-Conservative Approximation for Probabilistically Constrained Convex Programs,'' The 7th International Conference on Optimization: Techniques and Applications (ICOTA 2007), Kobe International Conference Center, Japan, December 12--15, 2007.

国内学会/研究集会における発表:

  1. 高 野祐一, 宮代隆平, 「交差確認規準による回帰式の最良変数選択」, 日 本オ ペレーションズ・リサーチ学 会 2019年春季研究発表会@千 葉工業大学, 3/14--15, 2019.
  2. 高 野祐一, 後藤順哉, 「コヒレントリスク指標に基づくポートフォリオの線形制御政策最適化」, 日 本オ ペレーションズ・リサーチ学 会 2019年春季研究発表会@千 葉工業大学, 3/14--15, 2019.
  3. 高 野祐一, 「混合整数最適化によるロジットモデルの変数選択」, 科研費「新時代の最適化モデルに基づく意思決定支援プラットフォームの研究と開発」2018年度ワークショップ@東京工業大学, 9/10, 2018.
  4. 高 野祐一, 「データ解析コンペティションへの招待」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 本部 SSOR 2018@水上温泉, 8/29--31, 2018.
  5. 高 野祐一, 「多重共線性を考慮した最良部分集合選択」, 第29回RAMPシンポジウム@筑波大学, 10/12--13, 2017.
  6. 田村隆太, 小林健, 高 野祐一, 宮代隆平, 中田和秀, 松井知己, 「多重共線性を除去するための最良部分集合選択」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2017年春季研究発表会@沖縄県市町村自治会館, 3/15--17, 2017.
  7. 高野祐一, 石井信明, 村木正昭, 「競争入札における見積作業への資源配分と入札利幅の最適化」, 日本オ ペレーションズ・リサーチ学会 2016年春季研究発表会@慶 應義塾大学, 3/17--18, 2016.
  8. 高野祐一, 石井信明, 村木正昭, 「費用見積のための資源配分を考慮した競争入札戦略」, 情報処理学会 第78回全国大会@慶應義塾大学, 3/10--12, 2016.
  9. 高野祐一, 「情報量規準と混合整数最適化による回帰モデルの変数選択」, 山本芳嗣先生 ご退職記念シンポジウム「最適化:新たな価値創造のためのモデルとアルゴリズム」@筑波大学, 3/4, 2016.
  10. 西村直樹, C川矩義, 高野祐一, 岩永二郎, 水野眞治, 「ECサイトの商品特性を考慮した2次元確率表による購買予測」, 情報処理学会 第77回全国大会@京都大学, 3/17--19, 2015.
  11. 高野祐一, 「データ解析コンペティションへの招待」, 日本ソーシャルデータサイエンス学会 2014年秋季シンポジウム@CIC国際会議場, 11/29, 2014.
  12. 高野祐一, 宮代隆平, 「MallowsのCp規準 による回帰式の変数選択:混合整数二次計画法を用いた解法」, 第13回情報科学技術フォーラム(FIT 2014)@筑波大学, 9/3--5, 2014.
  13. 関根琴美, 高野祐一, 村木正昭, 「季節性を考慮した協調フィルタリング」, 日本オ ペレーションズ・リサーチ学会 2014年秋季研究発表会@北海道科学大学, 8/28--29, 2014.
  14. 高 野祐一, 宮代隆平, 「MallowsのCp規準による回帰式の変数選択―混合 整数二次計画法を用いた解法―」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2014年春季研究発表会@大阪大学, 3/6--7, 2014.
  15. 高 野祐一, 「不確実性下の意思決定と評価のための方法論」, ORセミナー「Excelで学ぶOR」@構造計画研究所, 9/20, 2013.
  16. 角田信太郎, 高 野祐一, 村木正昭, 「ノンパラメトリック項目反応理論のための数理最適化モデル」, RIMS研究集会 「最適化の基礎理論と応用」@京都大学数理解析研究所, 8/29--30, 2013.
  17. 高 野祐一, 「確率計画法とその応用」, 「電力システムと最適化」ワークショップ@東京大学 生産技術研究所, 3/28, 2013.
  18. 高野祐一, 後藤順哉, 「カーネル法を利用した動的ポートフォリオ最適化」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2013年春季研究発表会@東京大学, 3/5--6, 2013.
  19. 角田信太郎, 高野祐一, 村木正昭, 「ノンパラメトリック項目反応理論のための数理最適化モデル」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2013年春季研究発表会@東京大学, 3/5--6, 2013.
  20. 高野祐一, 後藤順哉, 「非線形制御ポリシーを用いた動的ポートフォリオ最適化」, 中之島ワークショップ「金融工学・数理計量ファイナンスの諸問題 2012」@大阪大学 金融・保険教育研究センター, 11/30--12/1, 2012.
  21. 高野祐一, 後藤順哉, 「動的資産配分のためのカー ネル法を利用した非線形制御ポリシー」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「確率最適化モデルとその応用」研究部会@芝浦工業大学 SIT総合研究所 佃イノベーションスクエア, 7/14, 2012.
  22. 高野祐一, 後藤順哉, 「動的資産配分のためのカー ネル法を利用した非線形制御ポリシー」, 日本オ ペレーションズ・リサーチ学 会 2012年春季研究発表会@防衛大学校, 3/27--28, 2012.
  23. 高野祐一, 後藤順哉, 「動的資産配分のためのカー ネル法を利用した非線形制御ポリシー」, 第36回ジャフィー大会@筑波大学 東京キャンパス, 3/12--13, 2012.
  24. 高野祐一, 後藤順哉, 「動的資産配分のためのカー ネル法を利用した非線形制御ポリシー」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 「計算と最適化の新展開(SCOPE)」研究部会@中央大学, 12/17, 2011.
  25. 高野祐一, 「データ解析コンペと海外滞在のススメ」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 「OR横断若手の会(KSMAP)」研究部会 若手研究交流会@琵琶湖コンファレンスセンター, 8/29--31, 2011.
  26. 高野祐一, Renata Sotirov, 「コンスタント・リバランス・ポートフォリオ選択問題に対する多項式最適化アプローチ」, RIMS研究集会 「最適化手法の深化と広がり」@京都大学数理解析研究所, 7/21--22, 2011.
  27. 高野祐一, Renata Sotirov, 「コンスタント・リバランス・ポートフォリオ選択問題に対する多項式最適化アプローチ」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2011年春季研究発表会@電気通信大学, 3/17--18, 2011.
  28. 高野祐一, 木村康宏, 宮川裕幸, 服部由佳, C川矩義, 佐藤俊樹, 竹口哲平, 「階層ベイズ法を利用した需要予測と販売価格最適化」(一般部門 敢闘賞 受賞), データ解析コンペティション 一般部門 最終発表会@東京理科大学, 2/28, 2011.
  29. 高野祐一, Renata Sotirov, 「コンスタント・リバランス・ポートフォリオ選択問題に対する多項式最適化アプローチ」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「計算と最適化の新展開(SCOPE)」研究部会@中央大学, 11/20, 2010.
  30. 高野祐一, 木村康宏, 宮川裕幸, 服部由佳, C川矩義, 佐藤俊樹, 竹口哲平, 「データ解析コンペティション中間発表」, データ解析コンペティション 一般部門 中間発表会@東京理科大学, 11/15, 2010.
  31. 高野祐一, 小川直哉, 木村康宏, 宮川裕幸, 市村陽, 服部由佳, C川矩義, 「重力モデルを利用したフロー推定による顧客プロファイル分析」, 地理情報の解析と視覚化 GODIVA 第5回サミット@筑波大学, 3/9, 2010.
  32. 高野祐一, 小川直哉, 木村康宏, 宮川裕幸, 市村陽, 服部由佳, C川矩義, 「データ解析コンペティション最終発表」, データ解析コンペティション 一般部門 第1回最終発表会@東京理科大学, 2/22, 2010.
  33. 高野祐一, 「最適化モデルを用いたマーケティング・データ解析」, 第3回横幹連合コンファレンス「コトつくりの可視化」@東北大学片平さくらホール, 12/3--5, 2009.
  34. 高野祐一, 小川直哉, 木村康宏, 宮川裕幸, 市村陽, 服部由佳, C川矩義, 「データ解析コンペティション中間発表」, データ解析コンペティション 一般部門 中間発表会@東京理科大学, 11/30, 2009.
  35. 高野祐一, 後藤順哉, 「取引コストを考慮したコンスタント・リバランス・ポートフォリオ最適化」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 「計算と最適化の新展開(SCOPE)」研究部会 SCOPE@つくば ― 未来を担う若手研究者の集い2009 ― @筑波大学 , 5/30--31, 2009.
  36. 高野祐一, 小川直哉, 角田淳史, 木村康宏, 矢島洋平, 「メニュー販促を考慮した売場陳列決定モデル」(学 生部門 最優秀賞 受賞), データ解析コンペティション 成果報告会@NTTデータ 豊洲センタービル, 3/30, 2009.
  37. 高野祐一, 山本芳嗣, 「距離を保存する Earth Mover's Distance の定式化」, 研究集会「最適化:モデリングとアルゴリズム」@統計数理研究所, 3/25--26, 2009.
  38. 高野祐一, 後藤順哉, 「取引コストを考慮したコンスタント・リバランス・ポートフォリオ最適化」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2009年春季研究発表会@筑波大学, 3/17--18, 2009.
  39. 高野祐一, 山本芳嗣, 「距離を保存する Earth Mover's Distance の定式化」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2009年春季研究発表会@筑波大学, 3/17--18, 2009.
  40. 高野祐一, 小川直哉, 角田淳史, 木村康宏, 矢島洋平, 「データ解析コンペティション最終発表」(学 生部門 殊勲賞 受賞), データ解析コンペティション 学生部門 最終発表会@東京理科大学, 2/7, 2009.
  41. 高野祐一, 後藤順哉, 「取引コストを考慮したコンスタント・リバランス・ポートフォリオ最適化」, 第30回ジャフィー大会@筑波大学 東京キャンパス, 1/29--30, 2009.
  42. 高野祐一, 小川直哉, 角田淳史, 木村康宏, 矢島洋平, 「データ解析コンペティション中間発表」, データ解析コンペティション 学生部門 中間発表会@東京理科大学, 11/29, 2008.
  43. 高野祐一, 山本芳嗣, 「距離を保存する Earth Mover's Distance の定式化」, 都市のOR サマーセミナー2008@筑波大学, 8/20, 2008.
  44. 高野祐一, 山本芳嗣, 「距離を保存する Earth Mover's Distance の定式化」, RIMS研究集会 「21世紀の数理計画: 最適化モデルとアルゴリズム」@京都大学数理解析研究所, 7/23--25, 2008.
  45. 高野祐一, 水野圭, 山菅和人, 小川直哉, 佐藤齊行, 「最小絶対値回帰分析を利用した落札金額マッピングシステムの提案」(優秀発表賞 受賞), 日本オペレーションズ・リサーチ学会 「計算と最適化(S@CO)」研究部会 S@CO in 筑波 ― 未来を担う研究者の集い@筑波大学, 5/31--6/1, 2008.
  46. 高野祐一, 水野圭, 山菅和人, 小川直哉, 佐藤齊行, 「最小絶対値回帰分析を利用した落札金額マッピングシステムの提案」(学生部門 最優秀賞 受賞), データ解析コンペティション 成果報告会@NTTデータ 豊洲センタービル, 3/27, 2008.
  47. 高野祐一, 水野圭, 山菅和人, 小川直哉, 佐藤齊行, 「データ解析コンペティション最終発表」(学 生部門 技能賞 受賞), データ解析コンペティション 学生部門 最終発表会@東京理科大学, 1/26, 2008.
  48. 高野祐一, 後藤順哉, 「$\alpha$-Conservative Approximation with Application to Value-at-Risk Minimization」, 第28回ジャフィー大会@中央大学, 12/21--22, 2007.
  49. 高野祐一, 水野圭, 山菅和人, 小川直哉, 佐藤齊行, 「データ解析コンペティション中間発表」, データ解析コンペティション 学生部門 中間発表会@東京理科大学, 12/8, 2007.
  50. 高野祐一, 「コロッケ販売個数の予測 NEWモデルの考案!」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 第58回シンポジウム 「「問題発見とモデル化」4大学交流授業」セッション@中央大学, 10/13, 2007.
  51. 高野祐一, 後藤順哉, 「機会確率制約付き凸計画問題に対する $\alpha$-保守的近似」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2007年秋季研究発表会@政策研究大学院大学, 9/27--28, 2007.
  52. 高野祐一, 後藤順哉, 「確率制約付き凸計画問題に対する $\alpha$-保守的近似」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 SSOR 2007@伊東ホテル聚楽, 8/29--31, 2007.
  53. 高野祐一, 後藤順哉, 「機会確率制約付き凸計画問題に対する $\alpha$-保守的近似」, RIMS研究集会 「数値最適化の理論と実際」@京都大学数理解析研究所, 7/18--20, 2007.
  54. 高野祐一, 後藤順哉, 「機会制約付き凸計画問題に対する大域的最適化」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 「計算と最適化(S@CO)」研究部会 S@CO in 筑波 ― 未来を担う研究者の集い@筑波大学, 6/2--3, 2007.
  55. 高野祐一, 後藤順哉, 「機会制約付き凸計画問題に対する大域的最適化」, 研究集会「最適化:モデリングとアルゴリズム」@統計数理研究所, 3/22--24, 2007.
  56. 後藤順哉, 高 野祐一 , 「新聞売り子問題における Coherent Risk Measure」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 「計算と最適化(S@CO)」研究部会 S@CO in 筑波 ― 未来を担う研究者の集い@筑波大学, 5/27--28, 2006.
  57. 後藤順哉, 高 野祐一 , 「Conditional Value-at-Risk 最小化を考慮した新聞売り子問題に対する解法」, 都市のORウィンターセミナー in つくば@筑波大学, 1/10, 2006.
  58. 後藤順哉, 高 野祐一 , 「Conditional Value-at-Risk 最小化を考慮した新聞売り子問題に対する解法」, 日本オ ペレーションズ・リサーチ学 会 「最適化とアルゴリズム(SAOR)」研究部会 SAOR@筑波 ― 未来を担う研究者の集い@筑波大学, 5/21--22, 2005.
  59. 高野祐一, 「コロッケ販売個数の予測 NEWモデルの考案!」, 4大学交流授業「問題発見とモデル化のプレゼンテーション」@早稲田大学, 3/18, 2004.


受賞

  1. 高野祐一, 工藤晃太, 進藤尚輝, 原侑也, 真道隆弥, 高島克和, 高橋歩, 石野泰将, 「平 成29年度 データ解析コンペティション 敢闘賞」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「データサイエンスとマーケティング分析」研究部会, 2/18, 2018.
  2. 高 野祐一, 青山透, 小山寛治, 金子葉月, 橋良介, 永沼瑞穂, 長野雄大, 松浦優, 「平 成28年度 データ解析コンペティション 技能賞」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「ビッグデータとマーケティング分析」研究部会, 2/18, 2017.
  3. 高 野祐一, 山 根智之, 吉 田佑輔, 西村直樹, 小 林健, 菅原光太郎, 中 田和秀, 「第 36回 事例研究賞」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会, 9/15, 2016.
  4. 中田和秀, 高野祐一, 小林健, 西村直樹, 吉田佑輔, 菅原光太郎, 山根智之, 「平 成26年度 データ解析コンペティション データ1部門 最優秀賞」, 経営科学系研究部会連合協議会, 3/13, 2015 (「平成 26年度 データ解析コンペティション データ1部門 殊勲賞」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「ビッグデータとマーケティング分析」研究部 会, 2/28, 2015).
  5. 中田和秀, 高野祐一, 片山翔太, 谷川奈穂, 馬場隆, 志甫有真, 菊地宏治, 「平 成26年度 データ解析コンペティション データ2部門 優秀賞」, 経営科学系研究部会連合協議会, 3/13, 2015 (平 成26年度 データ解析コンペティション データ2部門 技能賞」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「ビッグデータとマーケティング 分析」研究部会, 2/7, 2015).
  6. 中田和秀, 高野祐一, 小林健, 西村直樹, 吉田佑輔, 菅原光太郎, 山根智之, 「ビッグデータチャレンジ賞」, 慶應義塾大学 文科省委託事業「スキルと実践を重視したビッグデータ・イノベーション人材育成プログラム」, 3/13, 2015.
  7. 中田和秀, 高野祐一, 片山翔太, 谷川奈穂, 馬場隆, 志甫有真, 菊地宏治, 「研 究奨励賞」, 日本ソーシャルデータサイエンス学会, 3/13, 2015.
  8. 高野祐一, 「第 4回 研究賞奨励賞」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会, 8/28, 2014.
  9. 高野祐一, 中田和秀, 田中研太郎, 田中未来, C川矩義, 神里栄, 竹山光将, 千代竜佑, 小林健, 「平成24年度 データ解析コンペティション フリー一般部門 殊勲賞」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「先端マーケティング分析」研究部会, 2/23, 2013.
  10. 高野祐一, 中田和秀, 田中研太郎, 田中未来, 浅原惇希, 羽鳥映子, 神里栄, 竹山光将, 「平 成23年度 データ解析コンペティション フリー一般部門 敢闘賞」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「先端マーケティング分析」研究部会, 3/3, 2012.
  11. 高野祐一, 木村康宏, 宮川裕幸, 服部由佳, C川矩義, 竹口哲平, 佐藤俊樹, 「平 成22年度 データ解析コンペティション 一般部門 敢闘賞」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「マーケティング情報」研究部会, 3/7, 2011.
  12. 高野祐一, 小川直哉, 角田淳史, 木村康宏, 矢島洋平, 「平 成20年度 データ解析コンペティション 学生部門 最優秀賞」, 経営科学系研究部会連合協議会, 3/30, 2009 (平 成20年度 データ解析コンペティション 学生部門 殊勲賞」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「マーケティング・イン テリジェンス」研究部会, 2/7, 2009).
  13. 高野祐一, 「優秀発表賞」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「計算と最適化(S@CO)」研究部会, 5/31--6/1, 2008.
  14. 高 野祐一, 水野圭, 山菅和人, 小川直哉, 佐藤齊行, 「平 成19年度 データ解析コンペティション 学生部門 最優秀賞」, 経営科学系研究部会連合協議会, 3/27, 2008 (平 成19年度 データ解析コンペティション 学生部門 技能賞」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「マーケティング・インテリジェン ス」研究部会, 1/26, 2008).


研究助成

  1. 日本学術振興会 科学研究費補助金(基盤B)「ロバストなデータ解析のための最適化モデリングの深化」, 2019年度〜2022年度, 研究分担者(研究代表者: 後藤順哉).
  2. 日本学術振興会 科学研究費補助金(基盤B)「錐最適化における半正定値錐の多面錐近似の理論の構築とその応用」, 2019年度〜2022年度, 研究分担者(研究代表者: 吉瀬章子).
  3. 日本学術振興会 科学研究費補助金(基盤A)「機械学習システムの社会実装に向けた次世代最適化技法の研究」, 2019年度〜2021年度, 研究分担者(研究代表者: 水野眞治).
  4. 日本学術振興会 学術研究助成基金助成金(若手B)「混合整数最適化を用いた制約付き変数選択による高精度パラメータ推定」, 2017年度〜2020年度, 研究代表者.
  5. 日本学術振興会  学術研究助成基金助成金(基盤C)「プロジェクトを成功に導く見積りと遂行体制・契約方式の研究」, 2016年度〜2019年度, 研究分担者(研究代表者: 石井信明).
  6. 日本学術振興会 科学研究費補助金(基盤B)「錐最適化技術の実社会における利活用を加速させる基礎理論の整備と深化」, 2018年度, 研究分担者(研究代表者: 吉瀬章子).
  7. 日 本学術振興会 科学研究費補助金(基盤A)「新 時代の最適化モデルに基づく意思決定支援プラットフォームの研究と開発」, 2014年度〜2018年度, 研究分担者(研究代表者: 水野眞治).
  8. 日本学術振興会  学術研究助成基金助成金(若手B)「ノンパラメトリック推定に基づくテスト理論モデルの研究」, 2014年度〜2016年度,研究代表者.
  9. 専 修大学 情報科学研究所 共同研究助成費「MallowsのCp規 準による消費者の店舗選択行動のモデリング」, 2015年度, 研究代表者.
  10. 日本学術振興会 学術研究助成基金助成金(基盤C)「超上流プロジェクトマネジメント技術に関する研究」, 2013年度〜2015年度,研究分担者(研究代表者: 石井信明).
  11. 専修大学 情報科学研究所 共同研究助成費「厳密解法を用いたモデリングとそのビジネス応用」, 2014年度, 研究分担者(研究代表者: 中原孝信).
  12. 日本学術振興会 科学研究費補助金(基盤A)「情報化ネットワーク社会に向けた高度な専門的数理技術ライブラリの研究と開発」, 2011年度〜2012年度,研究分担者(研究代表者: 水野眞治).
  13. 日本学術振興会  科学研究費補助金(研究活動スタート支援)「カーネル法と制御ポリシーを用いた中長期的投資戦略最適化」, 2011年度〜2012年度,研究代表者.
  14. 日本学術振興会  研究者海外派遣基金助成金(優秀若手研究者海外派遣事業)「取引コストを考慮した多期間ポートフォリオの最適化」, Tilburg University, オランダ, 2010年4月1日〜2010年9月30日, 研究代表者.
  15. 日本学術振興会  科学研究費補助金(特別研究員奨励費)「取引コストを考慮した多期間ポートフォリオの最適化」, 2009年度〜2010年度,研究代表者.


学 会活動

所属学会

委員:


担当授業