講義関連情報
都市・地域解析学  Urban and Regional Analysis

01CB322, 秋AB1,2限,2単位,3C201
担当:大澤義明(社会工学系) osawa(atマーク)sk.tsukuba.ac.jp,鈴木勉(社会工学系) tsutomu(atマーク)sk.tsukuba.ac.jp

01CB322, 2nd Term, Friday 8:40-11:25, lecture room:3C201, 2 credits OHSAWA,Yoshiaki (osawa(atマーク)sk.tsukuba.ac.jp) TSUTOMU,SUZUKI(tsutomu(atマーク)sk.tsukuba.ac.jp)

学習目標

都市・地域解析の基礎知識を習得し,都市や地域の構成要素の配置や密度をモデル化する技法を身につける

予備知識

線形代数,微積分,統計学の数学的基礎知識があれば望ましい

授業スケジュール

都市や地域を構成する道路網,施設などの物的構造物の配置や密度をモデル化し,都市解析・地域解析の基礎を習得する

第1週 都市の数理モデルと研究へのエートス
第2週 ヴェーバー問題と模型解法
第3週 1次元都市と2次元格好状都市のヴェーバー問題
第4週 複数施設のミニサム型配置モデルとミニマックス型配置モデル
第5週 連絡通路と距離分布の作法
第6週 奥平のエレベーター断面積モデル
第7週 人口成長の微積分方程式
第8週 人口動向のコーホート要因法モデル
第9週 人口分布の経験式
第10週 道路パターンと距離分布の理論

参考図書 

[1]
青木義次:建築計画・都市計画の数学―規模と安全の数理,数理工学社(2006)
[2]
日本建築学会編:建築最適化への招待,日本建築学会(2005)
[3]
岡部篤行,鈴木淳夫:最適配置の数理,朝倉書店(1992)
 

教科書