RAMPシンポジウム@つくば

Program

10/12(木)

受付9:20〜

開会の挨拶9:50〜10:00

「機械学習と最適化」10:00〜13:00

オーガナイザー:後藤順哉(中央大学)

高野祐一(専修大学)
「多重共線性を考慮した最良部分集合選択」
竹内一郎(名古屋工業大学)
「スパース高次交互作用モデルの最適化アルゴリズム」
鈴木大慈(東京大学)
「構造のある機械学習問題における最適化技法」

昼食13:00〜14:15

「特別講演1」14:15〜15:15

オーガナイザー:土谷隆(政策研究大学院大学)

Guanghui Lan (Georgia Institute of Technology)
「Decentralized Stochastic Gradient Decent」

「タイムテーブリングと最適化」15:30〜18:30

オーガナイザー:池上敦子(成蹊大学)

菅原孝幸 (菅原システムズ)
「SAT ソルバーを用いたナーススケジューリング問題の解法」
番原睦則(神戸大学)
「解集合プログラミングによるカリキュラムベース・コース時間割編成」
繁野麻衣子(筑波大学)
「スタッフ・スケジューリングの数理モデル— 周期性を中心に—」
野々部宏司(法政大学)
「ナーススケジューリング:最適解の多数生成と特徴分析」

「懇親会」19:00〜

10/13(金)

受付9:00〜

「連続最適化アルゴリズムの新展開」9:30〜12:30

オーガナイザー:福田光浩(東京工業大学)

福田エレン秀美(京都大学)
「多目的最適化問題に対する降下法」
飯塚秀明(明治大学)
「不動点制約付き非平滑凸最適化とその応用」
村松正和(電気通信大学)
「Chubanov による同次線形計画問題の内点許容解を求めるアルゴリズムとその拡張に関する最近の展開」

昼食12:30〜13:30

「特別講演2」13:30〜14:30

オーガナイザー:土谷隆(政策研究大学院大学)

Coralia Cartis (University of Oxford)
「Cubic Regularization Methods and Beyond: Models, Complexity and Applications」

「離散アルゴリズムとその周辺」14:45〜17:45

オーガナイザー:小林佑輔(筑波大学)

前原貴憲(理化学研究所)
「クエリ可能な確率的組合せ最適化問題」
相馬輔(東京大学)
「整数格子点上の劣モジュラ最大化と近似アルゴリズム」
山内由紀子(九州大学)
「ロボット群の分散協調と対称性」

閉会の挨拶17:45〜